お酒を飲めないと人生損しているか

私はお酒を全く飲むことができません。
注射の前にされるアルコール消毒ですら、腕がパンパンに腫れてしまうほどです。
そんな私の妹は毎日晩酌をするほどのお酒好きです。
お酒があるから人生が楽しいと言い切るほどです。

そんな妹を見ていると、私ってきっと人生損しているんだろうなとつくづく思います。
子供の頃は大人になったらみんながおしゃれなバーに行って、お酒を楽しめるものだと思っていました。
20歳になったら何のお酒を最初に開けようかとも思っていました。
しかし、ある日さとりました。
どうも注射すると腕がかゆい。
それは20歳が近づくにつれてどんどん悪化していき、18歳くらいで自分はアルコールを受け付けない体質なんだと悟りました。
そこからは20歳への楽しみは特にありませんでした。
どんな飲み会に行っても、飲むものはウーロン茶です。
お酒を飲んでいる人たちはみんな楽しそうで、シラフの私はどんなにがんばってもなかなかはめを外すことはできず、大体最後は酔いつぶれた人の看病です。
そんな私も一回だけ、酔いつぶれたことがあります。
なぜかその日は飲めるような気がしたのです。
大学最後のサークルの飲み会でなぜかお酒をたくさん飲んでしまいました。
当然のように記憶は飛び、気が付いたら最高に気持ち悪い状態で、友達の家に潰れた何人かと一緒に収容されていました。
私が今思うのは、どんなに人生損していると言われようと、もう二度とお酒は飲みたくないということです。
憧れだけでとどめておくのが、私のようなアルコールを受け付けない体質の人には一番だということが、あの経験で本当によくわかりました。

男性と女性どっちが得な人生か

よく昔話していた話題で、生まれ変わったら男と女どっちになりたいか?という話がありました。
多くの人が一度はしたことのある会話でないかと思います。
私は断然、生まれ変わってもまた女としての人生を選びます。

特に理由はありませんが、女性の方がなんとなく楽しいような気がするんです。
お洋服やメイクも楽しめますし、男性の方が大変なことが多いんではないかと思います。
ついつい重いものを持たされるのはやはり男性の方が多いと思いますし、女性は映画のレディースデーや電車の女性専用電車など、ちょこちょこ優遇されているように感じます。
先ほどメイクと書きましたが、男性は常にすっぴんで勝負しないといけないのも、とても大変だと思います。
女性はごまかしがきくので、そこはとても助かるところです。
しかし、うちの主人はまた男の人生を選ぶそうです。
女性はからだの変化等いろいろ大変そうに見えるんだそうです。
確かに大変ではありますが、慣れてしまうものなので特にこれがあるから女性はいや、というまでにはいかないかと思います。
ずっと女性でいることの方が絶対に楽しいという主義でしたが、最近私は息子を出産し、ふとこの子は男として人生を送るんだよなと改めて考えました。
バタバタしているまだ赤ちゃんの息子を見ながら、大変だろうけどがんばってねと思います。
これからは息子を通して、男性の人生も少しずつ見ることができるのかと思うと、それもちょっと楽しみではあります。

富士山と日の出は年賀状イラストの定番
年賀のくじ当選番号はコチラ
年賀状のお年玉くじを毎回楽しみにしている人は多いはず。景品交換時期が来る前に当せん番号をチェック。
www.hpfree.com/nenga/
関連:www.immobilier-landes.info

«
»