ママサー

先日、久しぶりに旧友達と再会した。
中学校のときに通っていたダンス教室の仲間達である。
高校時代までは付き合いがあり、その後はSNSなどでたがいの近況を確認していた程度である。

Nちゃんは20歳で結婚して出産した。
その報告もSNSで聞いた。
子どもが生まれてからすぐに、携帯で撮った写真を送ってくれた以来、コミュニケーションをとっていなかった。
そんな仲間達6人で集まり、カフェでお茶をしたのだった。
Nちゃんは、当時からギャルっぽいキャラクターだったが、今でも髪色がかなり明るく、つけまつげをバサバサ付けていた。
正直、一昔前のギャルメイクだな?私たちも歳取ったな?なんてことを考えながら久しぶりの挨拶をしていた。
Nちゃんが結婚したきっかけは「若いママに見られたかったから」。
子どもが欲しかったわけではないし、大好きなパートナーではなかったが、”自分が”若いママに見られたい願望があったから、結婚したそうだ。
同年代のママ達で「ママサークル」を作って、よくママ会を開いているそうだ。
共通の友人がその会に一度参加したあと聞いた話で「もう二度と参加したくないってぐらい、感性が合わない。
昼間から居酒屋で、そのあとカラオケ。
子ども、ってか赤ちゃんもいるのにばんばんタバコ吸って、髪を染められている子どもたちは放ってた」と聞いてから、あぁやっぱりね、と思った。
見た目で判断すべきでない、と人は言うが、私は「人間性は外見に出る」と思う。
まだ遊びたいから、子どもを預けて夜中に遊びにいくようなサークルで、それでも『私たちは子育てやってるからエライ』という主張が甚だしい。
聞いた話だけで合わないな?と思ってたけど、私たちももう30歳手前。
さすがに寛容だわ私も、と思って集まったが、やっぱり合わないものは、合わない!結婚、出産、子育てってなんなんだろうね?と思わず独身の子とそのあとメールでやりとりしたほどだった。

東京の食肉卸業者
飲食店をはじめ料亭やレストラン関係者が品質の良い食肉を探しているならコチラに相談
meat-kimura.co.jp/

»