小さい人にお勧めの電車の乗り方

私は身長が小さいです。
150センチちょっとしかありません。
そんな私がこの身長で一番大変だったのは、通勤ラッシュに乗ることです。

私は中学から電車で学校に通っていました。
路線は乗車率が最も高いと言われる路線です。

そんな電車の通学は本当に大変でした。
中学一年の頃の自分なんて、豆粒のようです。
まず小さいとなかなか人一人分のスペースをもらうことができません。
通勤ラッシュでぎゅうぎゅう詰めでも、みんな顔の部分は一人分のスペースを確保できていると思うのですが、私のように身長が小さい人は顔の位置にほかの人の肘がきます。
ここに人いるんですよとわざとらしく咳払いをしてみても、無駄です。
よく聞く話ですが、人の息遣いがかかるのは最悪です。
自分もマスク必須で、なるべく下を向くようにしていました。
苦しがっている目線の先に同じような状態にいる小さい人を見かけると、なんだかまだまだがんばらなくてはと思っていました。

そんな毎日なので、こちらもだんだんと知恵をつけてきます。
通勤ラッシュに乗る術を身に着けていきます。
定位置は扉の近くの棒と座席の間です。
ここが一番安全だと思います。
ひどいときはその狭い間にも人が二人入ることがあるのですが、だいたい、一人分の顔のスペースを確保できます。
体がありえない角度にまがっていても、とりあえず顔の居場所があればなんとかなるものです。
小さい人にはとてもおすすめです。

書いていて改めてよくあんなラッシュに耐えていたなと思います。
けれど、今日もがんばっている世の中の人たちがいると思うと、家でぐだぐだ育児をしていたらだめだな、と身が引き締まる思いがしました。

»