食の好き嫌い

彼氏は野菜の好き嫌いが多い。
一番最初手料理をふるまったのは、まだお互いに一人暮らしをしていたときだった。
車で10分ほどの近い距離感に住んでいて、夜9時くらいに仕事が終わると私の家にきてご飯を食べることにした。

野菜中心の食生活を送っていて、ダイエットのために、ごはんも夜食べていなかった。
しかし、初めて男の人に食べてもらう手料理ということもあり、とにかく「白ご飯に合うおかず」というのを決めていた。
夏だったので、麻婆ナスにした。
それとオクラの和え物に、オニオン中華スープという鉄板メニュー。
スープは大得意だったのでたくさん作った。
やっと彼が来たので、温めてダイニングに並べる。
ビールを開けて食卓を見た途端、彼が苦笑いになった。
なんと、彼の嫌いな野菜はナス、たまねぎ、オクラが3トップだったのだ。
これは…食べられんね、と苦笑いで言いながら、麻婆の部分だけをごはんと食べていた。
よく考えたら、好き嫌いが多い方が悪いのだが、私はとても申し訳ない気になったし、焦った。
パパッと作れるほど、食材をストックしていなかったので、違う品を作ることができないのだ。
彼に注いでいたメニューを鍋に戻したり、私がオクラを食べて、初めの手料理振る舞いの時間が終わった。
麻婆の部分とご飯を食べた彼は「美味しかったー!」と無邪気に言いながらテレビがあるリビングに移動していった。
それから、嫌いなものを把握して絶対に出さないようにしている。
あまりにも食べられない野菜が多い。
一時期は、栄養素のことも考えて、みじん切りにして使ったりしていたが、それでも「これピーマン?」と聞いて嫌そうな顔をする。
付き合いも長くなるとこんなに気遣いをしてもらえなくなる。
だから、栄養素が偏ろうとも、食べられる野菜だけを使おうと決めて、キャベツ、トマト、人参、ジャガイモ、キュウリ以外の野菜は一切買わないようになった。
あんなに野菜好きだった私も自分用だけに買うのが面倒になって、あまり野菜を食べなくなってしまった。
旬の野菜を食べたいよう。

豚肉の部位
食肉卸業者の強みを活かした精肉
牛肉・豚肉・鶏肉など種類別や希少部位でもお客様の要望を聞き加工配送する東京の肉のプロ
meat-kimura.co.jp/

«