赤ちゃんが一人で遊ぶかくれんぼ

我が家のわんぱく息子は今0歳10か月です。
10か月にもなるとかなり知恵がついてきて、見ていておもしろいことがたくさんあります。

最近、息子は一人でかくれんぼができるようになりました。
まだ息子は歩けません。

何かにつかまってのつたい歩きならば、かなりさくさくとこなします。
勝手に危ないところにいってしまうと困るので、我が家はベビーサークルを置いています。
私がキッチンにいて料理をしているときは、息子はその中に入り、自由に遊べるようにしています。

先日もいつものように料理をしていたら、いつも激しく遊んでいる息子が静かでした。
もしや寝たのかなと見に行ってみると、大のお気に入りのふわふわタオルを頭からかぶってじっとしていました。
どこにいったのかな?ここかな?とタオルを持ち上げてみると、見つかったとも言わんばかりの満面の笑みをして嬉しそうな声をあげました。
その姿は完全に親ばかですが、悶絶するほどかわいらしかったです。
そしてまた家事に戻ろうとすると、また一人でタオルをかぶって動きません。
どうやらこれをしていたら、お母さんが遊びにきてくれるということを自分で考えたようでした。
かくれんぼと同じように、よく物を落として拾ってという顔もします。
きっとこれも親にかまってほしいことから始まっているのかな思うと、なんともいじらしくなります。

0歳児にしてもうこんなにも知恵をつけたのかとびっくりします。
きっとこれからもっといろんなことを覚えて、たくさんいろんなことをしてくれると思うと、毎日しっかりとみていかないといけないなと改めて思った母でした。

食肉卸会社
高級な食材からリーズナブルな普及品まで仕入れ・加工・流通等を受け持つ総合食肉卸業者
meat-kimura.co.jp/

«
»