スキルを磨くための転職

就職した当初から月給制度ではなく日給制度であり収入が不安定であったこと、勤務時間が深夜に及ぶことにもともと不満があったが、その後の転職活動が不利になることのないよう、職歴を残すために3年勤続したら転職をすると心に決め、今は将来のために耐えると考え勤務していた。

勤続3年目に責任のある役職に就いたため1年伸びてしまったが、後輩の育成に手ごたえを感じたことと勤続4年を迎えたことを機に転職活動を開始することにした。

給与や勤務時間はもちろんだが、会社内の雰囲気や人間関係が良好そうか、社内の男女比や平均年齢を重要視した。転職した会社は、同年代の社員が多く、雰囲気も活発で仕事の相談を心置きなくすることができ、会社に行くのが楽しくなった。また、年齢や社歴に関係なく、個人の能力を正当に評価をしてくれたので、目標をもって頑張ることができた。職務内容自体は以前より厳しくなったが、やりがいと仲間と支えあって仕事することができ、充実した毎日だった。

最終的に転職エージェントを利用し、転職先が決まった。私は転職して状況が好転したが、とてもまれなケースだと思う。実際には、給料が安くなったり、条件が悪くなることがほとんどだと思うので、それを覚悟した上で、なんのために転職をするのか、なぜ転職をしたいのかを明確に決めれないうちは転職をするべきではないと思う。求人サイトによって掲載されている会社はさまざまなので、色々なサイトを訪問したほうがよいと思う。

営業職の管理
グループ企業の勤怠管理もお任せ
成長著しい企業様に最適な人材管理システムがあります
biz-work.jp/
関連:www.freebeer1981.com

«