月日の流れ

1年365日。
学生の頃は過ぎるのがとてつもなく遅かった。夏休みとかの長期休暇は短かったが。
それが年々早くなっていき、「学生」という名前がなくなったとたんに一年が早くなった。

特に子供を産んでからは、特別早い。
自分の時間も早いが子供の成長を見ていると更に早く感じる。

ついこのあいだ
「明けましておめでとうございます」だったのが
気が付けば「良いお年を」と言っている。

今私は26歳でシングルマザーだ。
10年前の私には想像もつかないだろう。
そもそもが自分が母親になるなんて思ってもいなかったので、予想外すぎた。
私は24歳くらいでウエディングドレスが着たいなというその程度だったのに。

普通の毎日を過ごすというのは実は一番難しいのかもしれない。
「普通」の基準などが人によっても違うし、何事もない毎日の繰り返しが幸せだというのに気づけない。
失ってから気づく人もいれば、他で見つける人もいる。

「何もしない時間」というのはふたつあると思う。
リラックスや休息のためのなにもしない時間。
やる気が起きなくてただ無駄に過ごす時間。

その人の性格や、置かれている立場や境遇にっよっても変わってくるが、二つともあっていい時間だと私は思う。
仕事から開放されたくての休息だと、結局頭の隅のほうで、仕事が気になってしまっている。
逆にまったく開き直って何もかも忘れてしまった方が体も心も休まるだろう。

365日のうち、約三分の一を寝て過ごすという。
24時間で、睡眠時間と仕事の時間を考えると自由な時間というのは1年にどのくらいあるのだろうか。
限られた時間で、私は何をしよう

«
»