美白・命

私は美白に命をかけていると言っても過言ではない。
春先くらいから、UVカットのカーディガンやパーカーをかかさず、中にアームウォーマーもしている。
ストールもしてつば広帽子をかぶり、露出する部分は指先と顔だけだ。

化粧品もすべてUVカットのものにする。スッピンでも日焼け止めは必須。
目も日焼けをするので、サングラスもかけるようにしている。

顔だけでなく首から肩、腕、手の甲まで全部に日焼け止めを惜しみなく塗る。
アームカバーもカーディガンも100%カットではないのできちんと日焼け止めを塗らないといけない。
服を着たあとに露出している箇所には数時間に1回塗り直さないと効果が薄くなってしまう。
化粧などをしている場合には、UVカットのパウダーなどを塗り直す。

私が日焼けを気にし始めたのは出産前後。
妊娠中や授乳中は栄養素がほとんど胎児に送られる。
そのために母親の体に変化が現れるらしい。
私の場合は、大量のそばかすと視力の低下で、産後はそれまで縁がなかった冷え性にもなった。

また、中学時代はソフトボール部、高校時代は水泳部に入っていて、そのころは何も手入れをしてなかった。
その怠ったツケが、子供ができたとたんに出てきたのだ。

化粧水や乳液、ボディクリームも美白用のものを使うようになった。
日焼けなどにはビタミンがいいというので、サプリメントも飲むようになった。

そして数年かけてすこしずつ薄くなってきた。
ただ1回浴びた紫外線をチャラにするには膨大な努力が必要なので、前もってケアをしておくことが大切だ。
過去をなかったことにはできないが、今後紫外線を浴びない努力はできる。
私は綺麗な真っ白なお肌になるため、これからも努力をし続ける。

«
»